ISO

ISO環境マネンジメントシステム審査履歴

規格ISO14001:2015

 再認証審査                                           2019(R01).08.21~22
 第2回維持審査                                        2018(H30).08.07~08
   第1回維持審査                                                 2017(H29).02.16~17

更新審査(Re-Audit)

環境マネジメントシステム全体としての継続的な適合性及び有効性、並びに認証の適応範囲に対する継続的な関連性及び適用可能を確認すること。

維持審査(Surveillance)

環境マネジメントシステムの適用範囲に含まれる代表的分野と機能を定期的に監視し、認証期間内の認証された品質マネジメントシステムの有効性を確認すること。

ISO品質マネンジメントシステム審査履歴

規格ISO9001:2015

 維持審査                                         2019(R01).08.21~23
 維持審査                                         2018(H30).08.07~08
 再認証審査                                        2018(H30).02.16~17
 第2回維持審査                                       2017(H29).07.17
   移行審査、第1回維持審査                                                                           2016(H28).12.09

規格ISO9001:2008

 再認証審査、第4回更新審査                    2015(H27).06.02~3
 第2回維持審査                2014(H26).06.23
 第1回維持審査                2013(H25).06.20
 第3回更新審査                2012(H24).06.21~22
 第2回維持審査             2011(H23).12.16
 第1回更新審査             2010(H22).12.08

規格ISO9001:2000

 第2回更新審査       
                                                                            2009(H21).11.16~17
 第2回維持審査       
                                                                            2008(H20).12.08
 第1回維持審査                                                                            2007(H19).12.06
 第1回更新審査                                                                            2006(H18).12.11
 第2回維持審査                                                                             2006(H18).02.15
 第1回維持審査                                                                            2005(H17).01.17
 初回審査                                                                            2003(H15).12.16~17
 予備審査                                                                            2003(H15).10.24

更新審査(Re-Audit)

品質マネジメントシステム全体としての継続的な適合性及び有効性、並びに認証の適応範囲に対する継続的な関連性及び適用可能を確認すること。

維持審査(Surveillance)

品質マネジメントシステムの適用範囲に含まれる代表的分野と機能を定期的に監視し、認証期間内の認証された品質マネジメントシステムの有効性を確認すること。